スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
*紫陽花にまつわる想い出話*
**紫陽花にまつわる想い出話**



紫陽花の想い出話


どうぞどうぞ そこの椅子に腰かけて。。
聞いていただけると嬉しいです



「紫陽花って梅雨の頃に咲くでしょ 紫陽花はお水が大好きなのよ」


私はお花が好きです
生花は美しいけれど 切り花は特に寿命が短い


小学3年生の頃だったでしょうか


お手洗いや教室に飾られていた紫陽花
できるだけ長く 綺麗に咲いていてほしい。。。
お水が大好きな花なら 毎日綺麗なお水をあげよう

誰かにやりなさいと言われたわけではないけど
花瓶を洗って新しい水を入れ 
紫陽花を生け直していました

 ****************************************


さて ある時 


担任の先生が金色の小さな優勝カップを教室に置き
こんなことをおっしゃいました

「先生がクラスの皆を見てて
あぁ○○君ってすごいなぁとか ○○さんって優しいなぁとか
いいな 素敵だなって気付いたことがあったら 
それをリボンに書いて このカップに結んでいこうと思います」


最初に結ばれたリボン 内容は覚えてないけど 
ある男の子の名前とエピソードが書かれたものが
結ばれました


それから数日後のこと。。。


カップに新しいリボンが一本増えました
リボンには なんと私の名前が書かれていたのです


紫陽花を毎日生け直していたこと
担任の先生は気付いていたんですね


何十年も経った今でも覚えているんだから
あの出来事は私にとって
すごく嬉しいことだったのだと思います


先生はあの時 おいくつだったんだろう。。
定年が来るのはそう遠くない 女性の先生でした

子供のいいところをできるだけ褒めて 伸ばしてあげたい
それが例え些細なことでも 
あなたにはこんな素敵なことろがあるのよって 教えてあげたい


あの優勝カップには 
きっとそんな思いが込められていたのではないかと
私は思います


先生は 音楽や美術の教育に比較的熱心だったように思います
私は絵を描くのが好きで 先生はたくさん褒めて下さいました

その道の職には就きませんでしたが
私は美術系の学校に進学し 
趣味ではバイオリンを弾いています
きっと 先生の影響が多分にあると思います


子供は褒めて育てろといいますが 全くその通り
褒められることで 自分に自信が持て 勇気が湧いてきます


褒められると誰だって嬉しいもの
子供だけじゃなくって 大人だってきっとそうですね

。。。って こんなこと書いたら
「KEIちゃんは全然褒めてくれんじゃん」って
夫からクレームを受けそうですが(笑)



長文にお付き合いいただき ありがとうございました!
さぁさぁ おやつを召し上がって下さい


紫陽花の想い出話2



本日のデザートは ミニミニチーズケーキに
きな粉とグラノーラのせのヨーグルトを
アイスコーヒーと共に


よろしければ また遊びにいらして下さいね♪


ランキングに参加しています☆
下の画面↓をクリック♪ 
応援お願い致します(^人^)

にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
[2015/06/08 00:00 ] | 未分類 | コメント(8) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。