スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
*父が遊びに来ました*
1月12日(月) 三連休最終日の朝


父が遊びに来てくれました
新しいおうちに引っ越して 初来訪です♪


お茶のお供は 昨日に続いてリンゴケーキ☆
父が来る前にセッティングした写真撮りました
同じような写真が続きますが お許しを(^.^)



リンゴケーキとフラワーアレンジ



私の両親は 私が成人して間もなく離婚しました
父は私が結婚した少し前に再婚し
私が生まれ育った家で奥さんと二人で暮らしています


昨年8月 広島で土砂災害が起きました

実家は被害の大きかった地区真っ只中
奇跡的に 実家は少しの被害で済み
父夫婦は怪我をすることもなく無事でした

一時避難生活をしておりましたが
現在は家に戻って生活しております



リンゴケーキとフラワーアレンジ3


父はテレビ局から取材を受け 
とあるニュース番組に取り上げられたそうで
それを録画したDVDを持ってきてくれ
一緒に観ました


父が家を建てるまでの人生とともに
家に対する父の思いがたくさん詰まった 
8分間の特集番組でした



父は終戦記念日の二ヶ月前 広島で生まれました
祖父が病気で亡くなり 祖母は女手一つで父を育てました

貧しくてずっと狭い借家住まい
祖母と一緒に住む一軒家が欲しい
父は若くして土地を購入し家を建てました


テレビには 今は亡き祖母の嬉しそうな笑顔や
子供時代の父 就職して懸命に働く若き日の父の姿が
映し出されてました



リンゴケーキとフラワーアレンジ2



「この家には自分の歴史がたくさん詰まっている
多少の危険があるからと言って 
簡単に家を手放す気持ちにはなれない」


父の言葉がずしんと胸に響きました


父の歴史の中には 勿論私もいます
リンゴみたいに甘く楽しい思い出も
生姜みたいにピリッと切ない思い出も たくさん。。。


父とは一時 疎遠になっていた時期もありましたが
もっと会う機会を作って 
私がまだ知らない 祖母や祖父のこと
父の子供時代のこと 聞きたいなと思いました


次回はゆっくりと ランチに招こうと思ってます

今回は風邪で来れなかった
父の奥さんが好きなパスタとスイーツを 用意して。。。



ランキングに参加しています!
下の画面↓をポチっと♪応援お願い致します(^人^)

にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ
にほんブログ村




スポンサーサイト
[2015/01/14 12:45 ] | 未分類 | コメント(11) | トラックバック(0)
<<*讃岐うどんと握り寿司ランチ* | ホーム | 家族5人で☆新年プチティーパーティー♪>>
コメント
KEIKOさん、こんばんはぁ(^-^*)

お父様、広島の豪雨被害に合われていたんですね。。
沢山の方が被害に合われて、TVで流れるニュースを見て衝撃を受けたのを
今でも鮮明に覚えています。
今は復旧しているのですね。危険と判っていてもお母様との想い出、
大切なお家が無事で、そしてこうやってKEIKOさんと
素敵な時間を過ごす事が出来て本当に良かったです(^^)

私も父親を5年前に亡くしていて今は母が一人で暮らしています。近いので
弟よりも私(^^; そして日中は我が家に来て空と一緒に居てくれてます。
父とはじっくり話した事ないように想います。。いなくなって初めていっぱい
話しているような気がしますね^^
一方通行ですが(笑)だからKEIKOさん、お父様と、そしてお母様とこれからも
素敵な時間をご一緒してくださいね♪ 

改めて毎日を大切に過ごしていかなければならないなぁ~と思いました。
KEIKOさん、ありがとぅ(^-^) 応援ポチッ^^
[2015/01/14 20:31] | URL | sakura #YrGnQh/o [ 編集 ]
ちょっとしんみりと読んでしましました。。。

あの辛い日を、再び思いだしてしまいました
でも、忘れてはいけないのよね・・・
こうして、思い出す機会を頂いたこと、感謝です!
人間って、直ぐ忘れてしまう、いや、忘れようとしてしまいます

お父さまの特集、なんか、、、観たような気がします
素敵映像を観れてよかったですね!
改めて、素敵なお父さまに再開されましたね~

これからも、ずっと、、、素敵な関係を保って下さいね!

今日ね、震災用の笛をTVでやっていて、即刻買いました
やっぱ、、、忘れてはいけないのよね~
今日のKEIKOさんの日記に感謝です!
[2015/01/14 21:06] | URL | エマまま #jI5XCJ0. [ 編集 ]
sakuraさんへ☆

sakuraさんもお母様が近くにお住まいなんですね(^○^)
父と娘って 話をする機会が母親と比べると全然少ない気がします
父が元気なうちに もっとたくさん会って楽しい時間を過ごせたらいいなと思ってます
応援ありがとう♪
[2015/01/15 12:41] | URL | KEIKO #- [ 編集 ]
エマままさんへ☆

あの災害からもうすぐ5ヶ月ですね
こうしてまた普通に生活していると 忘れがちになってしまいます
震災当日に父が撮影した映像を改めて見て
本当にひどい災害だったなと思いました

震災用の笛買ったんですね
日頃からの備えが大事ですよね

父がテレビに出たらしいと 人づてに聞いていたのですが
あんな特集番組だとは思いませんでした
食べるものもない戦後 もし父が生まれて間もなくして亡くなっていたら
今の私はいません すごく不思議な気がします

別れてしまったけど 父と母がいたから私がいる
二人に感謝して できるだけ親孝行できたらいいなと思ってます
[2015/01/15 12:56] | URL | KEIKO #- [ 編集 ]
KEIちゃん
こんにちは♪

訪問が
遅くなって ごめんネ!!

複雑な
おももちで…

記事を
拝見いたしました。

KEIちゃんを
生んでくれたお母さんや お父さんのコトが
一瞬ですが オレの胸をよぎりました。

また 今は亡き
オレの母や 父のことも 思い出されました。

オレも
父や母のように

人として 恥じること無い
人生を これから 送ることが できるのでしょうか?

こんな
コトを あらためて 考えさせてくれる

きっかけを
KEIちゃんから いただきましたヨ ありがとう♪

それと
いつも応援ありがとうネ♪

オレも応援だネ!!
じゃ。
[2015/01/15 13:12] | URL | ノリック #hrxbFc7. [ 編集 ]
KEIKOさん、お父様遊びにいらしたんですね。
今日のピンクのつるつるしたプレート?トレイがとってもスイートな感じ。見るだけで優しい気持ちになれそう。

お父様の生い立ち、苦労なさって立てたお家に対する思い、土砂災害のこと。。。私もすごく色々なこと考えました。KEIKOさんには本当に胸に響く言葉の数々だったかとお察しします。どんなにか濃い8分間でしょうか。

現在、お父様をこうしてお茶に招いてお話できること、良かったですネ(^.^)
やっぱり優しいですね、KEIKOさんは^^
[2015/01/15 15:01] | URL | べにゆう #rHat8f7E [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2015/01/15 15:13] | | # [ 編集 ]
お父さんの大事な思いの詰まったお家なんですね。
家もご自身もご無事でほんとによかったです。
今度は新しい奥様もご一緒にお食事できたら素敵ですね。
お父さんなによりうれしいと思います(^^)
[2015/01/15 21:45] | URL | みのり #sSHoJftA [ 編集 ]
ノリック師匠様☆

師匠(^o^) いつも応援ありがとうございます!
たくさんのブロガーさんに慕われ 愛のある師匠だから
きっと素敵な人生を歩んでるはず。。これから先もね☆

私もまた応援しにお伺いします♪
[2015/01/15 22:21] | URL | KEIKO #- [ 編集 ]
べにゆうさんへ☆

母や義父母はよく遊びに来てくれますが
父を招いてないのがずっと気がかりでね
実現できてよかったです

父から引っ越しのお祝いをもらいました
今まで何もしてあげてないからと。。
親ってありがたいですね

あのDVDには 色んな意味ですごく胸を打たれました
編集して下ったテレビ局の方にも感謝です

ピンクプレート お気に入りです♪
[2015/01/15 22:29] | URL | KEIKO #- [ 編集 ]
みのりちゃんへ☆

みのりちゃんも応援ありがとねー♪

父の奥さんとは正直どう接していいものか
長いことずっとわからずにいました

あの災害を機に 父と一緒にいてくれて大切にしてくれる奥さんに
自然と感謝できるようになり 少し距離が縮まった気がします

義妹とも話したことあるんだけど 奥さんのことを殆ど知りません
次の機会にはもっと色々話ができたらいいなって思ってます(^.^)

[2015/01/15 22:37] | URL | KEIKO #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://keikohottohitoiki.blog.fc2.com/tb.php/236-c8642ac8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。